出会い系サイトの仕組み

出会い系サイトを使った事がない人もいるので、どんな感じのイメージかというと、ミクシィやフェイスブックっていうSNSってありますよね、ああいったコミニティであったり、2chの掲示板のような交流サイトと似たようなシステムで運用されていて、異性との出会いを求めている18歳以上の大人が集まるサイトと考えてもらえればイメージがわくと思います。

 

そういったコミュニティサイトではあるんですが、異性とのやり取りがメインで、なおかつセックス相手が欲しいという男女が登録しているのが出会い系サイトなんです。

 

セックス相手ってのは最終的にって意味ですよ。あったら手順ふまずにいきなりセックスできるなんて勘違いはダメです。普通にしゃべって、食事して、手順を踏む必要があります。

 

たまに、すごい軽い子もいるけど、それは運ですね。

 

出会い系サイトの運営

無料系のサイトと有料系のサイトが存在しており、出会いを求める男女を、雑誌の広告やネットの広告、口コミなどで会員を集めて出会いを提供しています。女性はほとんどのサイトで利用料が無料で利用でき、有料系のサイトではキャッシュバックポイントのバックすら存在しているのです。

 

まともな出会い系サイトは、女性を集めるのにどれだけ力を入れて、アピールできるかにかかっています。そもそも美人な女性であれば、リアルでは出会いに困ることはないですし、自分からアピールすればエッチに困る事もありません。それでも人妻や、彼氏はいるけど遊びたい女性などに会員なってもらいたいのであれば、出会い系サイトがありますよってアピールが必要です。
(きちんとしたサイトは詐欺サイトとちがって健全な運営でユーザーが集まるサイトになっていくのです)

 

無料系のサイト

ユーザーの会員からはサイト使用に関しては料金を一切とらずにサイトに掲載する広告収入で運営費を稼いでいます。一度システムが出来上がってしまえば運営費はそれほどかからないのかもしれませんが、女性の会員登録に必要な広告費も必要ですし、男性にとっては出会うためにはかなり厳しい体系のサイトです。

 

人間の本能的な性欲が、女の方が強くて、社会的にも女の方がお金持ちな世の中だったら男性が無料だったんですけどね^^;

 

有料系のサイト

男性会員からのポイント課金や定額課金によって運営されています。サクラでない素人女性を集めるためには人気の女性誌などへの広告掲載や、ティッシュ配りなどの広告費が大量に必要になります。サイトのシステムや人件費にかかる費用や、男女比のバランスなどを考えると有料系サイトに合理性があります。

 

出会い系サイトの使い方

出会い系サイトでは自分プロフィール登録した後にメッセージの交換やチャットなどでお気に入りの女性を見つけます。相手を見つける方法は、女性のプロフィールを地域や年齢などで検索して、メッセージを出したい相手を探したり(当然女性からのプロフィール検索もあります)、掲示板にメッセージを書き込んで、女性からのアプローチを待つという方法が基本です。

 

最終的にはリアルで会ってエッチすることが最終目的なので、ある程度メッセージのやり取りが進むと、

 

「メールアドレスの交換してくれませんか?」

 

とか

 

「じゃ~今度一度会ってみましょうか?」

 

のやり取りが発生していきます。このあたりは出会い系サイトのテクニックページを参考にしてくださいね。サイト選びは本サイトを見てもらえれば間違いないですけど、会うまでの過程や、会ってからホテルに行くまでの戦略、そして他のライバル男性とのスピード勝負と、無限のチャンスと同様にゴールへの壁も何重にもあるんです。