詐欺サイトの手口を理解して自分の身を守る

まず出会い系で詐欺にあわないようにするには、ゴミクズ詐欺師達の誘導する手口やどういった種類の騙す方法があるのかを理解する事が大事です。騙された後には相談にはのってもらえる機関はありますが、お金は取り戻してくれません。

 

お金を取り戻すには自分で弁護士に依頼しないとダメなんですね・・・。

 

その費用や手間を考えると、騙されないようにするしかないわけです。

 

なお、相談できる人はいいんですけど、出会い系という事でなんか相談しにくいって人もいるわけです。それがさらに被害を広げているのが現状です。

 

では、どういった手段で詐欺師達は詐欺サイトへの誘導をしているのかを説明します。誘導の方法も複数あって、誘導された後にどう騙すかの種類もあるので組み合わせるといろいろな騙し方があるとわかるはずです。

 

迷惑メールでの誘導
スパムメールでの誘導
広告からの誘導
サイトからのリンクでの誘導

 

メール契機での詐欺サイト誘導

まず、迷惑メールからの誘導ですが、これは自分がなんらかのサービスに登録して個人情報のメールアドレスが意図せず漏れた場合に、送られてくるメールで誘導されるパターンですね。

 

「アイドル級の女の子があなたを待ってます」
「あなたを援助したいマダムがいらっしゃいます」
「無料で即セックスできるサイトにご招待します」

 

そういったメールに詐欺サイトへの誘導リンクが張っているわけです。

 

いやだから・・・ありえんからって話ですが、実際にたくさんの人が騙されているんですね。

 

出会い系サイトの被害相談件数

2013年の相談件数:13,895件

2014年の相談件数:13,212件

2015年年度:4,098件(前年同期 4,607)

引用)http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/deaikei.html

 

これは国民生活センターに相談した人の数なので、相談出来ない人はもっといるわけです。

 

女性もたくさん騙されていますし、セックスどうのこうのだけじゃなくて、お金が稼げますとかいろいろな騙す手口をとっかえひっかえて騙そうとしてくるわけですね。

 

迷惑メールとほぼ同様の形で、迷惑メールの一種というか同類のスパムメールというのもあります。あるかどうかもわからないメールアドレスに大量にメールを送りつけて、エラーにならないアドレスが実在するアドレスという事で、そのアドレスに迷惑メールを送りつけてくスパム業者もいます。

 

こういったスパマーに目を付けられると、自分では一切個人情報をもらしていなくても迷惑メールが届く事になります。政治家が無能で適当な法律しか作らないので、今もこのての誘導からの被害は絶えません。

 

後ほど誘導手口ではなく、詐欺の手口も紹介しますが、例えメールだけであっても個人情報が漏れると架空請求という詐欺にあう可能性があります。無料の出会い系サイトは出会えないわけですが、メールアドレスを集めるために存在する詐欺準備サイトも存在するのです。

 

政治家と官僚が問題で、自分たちの既得権益を守る事にしか力をいれないからなんですが、無能政治家と腐敗官僚、被害の相談を受ける行政、犯罪者を取り締まる警察が連携できれば被害者はもっと減らせれるのですが、無能な政治家と腐敗した官僚によって切実に出会いを求めている人や、マジメにエロい人達が危険にさらされて、被害にあっているわけです。

 

広告契機での詐欺サイト誘導

広告って詐欺師なんかの犯罪者も出せるの?って思う人もいるかもしれませんが、まだ詐欺を働いていない状態でのその広告が犯罪者の出している広告かどうかは判断が難しかったりします。

 

例えばグーグルはアダルトの広告を出すことを全面的に禁止しています。アダルトに対する偏見ともとれますが、ある意味では筋が通った事をしているともいえます。

 

では、どういった広告があるかって所も説明しておくと、普通に週刊誌とかの雑誌でも悪質サイトの広告は載っていますし、ネット上にも広告代理店を通しての悪質サイトの広告は存在します。

 

ちなみに明らかに詐欺サイトとわかっていても広告を載せているメディアや広告代理店もあります。詐欺師からお金がもらえるからです。その広告が詐欺師かどうかを調べるのも時間がかかって難しいですし、お金のために載せているわけです。

 

後、完璧な犯罪者の詐欺師と、合法というか脱法的実質は詐欺だろっていう業者もいるわけです。

 

傾向として「即ヤレル!」みたいな嘘の煽り系は全部詐欺だと思っておけば騙されるリスクはかなり減ると思います。正常であたりまえの考え方で、おかしいだろって思う事が大切です。そして週刊誌や広告代理店はお金のために詐欺師達の手助け(幇助)をしていることもあるという事を理解してください。

 

 

サイトからのリンク契機での詐欺サイト誘導

詐欺サイトへの誘導は犯罪者自身がおこなう事もあります。広告を出す事は脱法的にやるにしても証拠がのこりますからね。

 

犯罪者や脱法的なエセ犯罪者がよく使うリンクでの誘導が2chですね。匿名性を利用しての自らがヤラセ誘導をするわけです。

 

確かに2chは面白いのかもしれませんが、アダルトに限らず詐欺やヤラセ誘導の巣窟ですので、利用しないのがいいのですが、利用するのであればしっかり知識をもってヤラセ誘導にはひっかからにようにしてください。

 

そしてリンクでの誘導に広告が絡んでくるという事も理解が必要なんです。そもそも広告で詐欺サイトへ誘導される事があるのを理解するのと、中身が犯罪者同然のヤカラが出している悪質な広告がある事を理解してください。

 

この悪質なサイトと手を組んでいる悪質なゴミクズ野郎もとてもたくさんいるんですね。いくつか例をあげるとアダルト系ジャンルで作られた2chまとめ系、無料エロ動画が見れるエログ系が悪質なサイトへのリンクを張っている事が多いわけです。

 

というかほぼ騙すために作っているサイトであると言えます。

 

もう一つ例をあげると、僕のサイトをひたすらパクってリライトコピーしていたゴミクズ野郎も実は同じように悪質なサイトへのヤラセ誘導をして、同性愛の人達を騙し続けていたんですね・・・。そのゴミクズ野郎は僕のサイトを監視してコピーしていたので、実際に中身が詐欺サイトがたくさんあるって記事を載せたら、証拠隠滅を図っていました。

 

おまけに自分が悪質サイトの幇助をしていたにも関わらず、また僕の作るホームページの記事をパクって詐欺は許せませんとか、世の中詐欺だらけですとか、行政への届け出が出ていても悪質なサイトはたくさんあるんですよみたいなパクリ記事をひたすら違法や脱法でリライトしていました。

 

ゴミ野郎ですが・・・考え方を変えると世の中の役に立ち始めたんですかね・・・。でもそうなると被害を受けるのはコピーされてる僕だけですね^^;

 

とはいえ、ゴミクズ野郎に騙されて誘導され続けた同性愛の人達は、何こいつ人を騙し続けておいて急に善人面してるねんという話になるかと思います。