性病予防は知識が重要

とりあえず出会い系に限らずですが、避妊の重要性と性病についての知識をもっておいてもらいたいと思います。

 

ま~大昔でいうと保健体育の授業で習ったかもしれないような事で、おそらく全くマジメに聞きもしなかったし覚えもしてない事がある程度重要になってきます。

 

もしインターネットがなかったら出会い系も存在してなかったでしょうけど、性病の知識とかも二度と勉強というか学ぶ機会なんてなかったでしょうね。

 

もしネットなしに学ぶ機会があったとすると、実際に性病にかかって病院でお医者さんに説明される断片的な情報のみが知識のすべてとなったはずです。

 

性病を予防する避妊の重要性

まずコンドームを使って避妊するのは相手の女性が妊娠しないようにするのが一番の目的です。

 

避妊具ですからね。

 

恋人であれ、出会い系で出会った身体中心の関係であれ、基本的にはセックスが目的で子供を作るのが目的ではないはずです。

 

できちゃったとかは別として、子供が欲しい時は結婚して、いろいろと子育てに必要なお金を計算したり結構大変なはずです。

 

という事でコンドームは避妊するのに役に立つのと他にも妊娠詐欺みたいな恐喝者に対してもほぼ間違いなく引っかからないようにする事が可能となる便利なアイテムなわけです。

 

 

そしてもう一つとても重要な役割を果たしてくれるのがコンドームなんです。

 

 

それは性病予防に役立つわけです。本来は避妊具としてとてつもなく優秀なわけですが、性病予防にも無茶苦茶優秀な効果を発揮してくれます。

 

夫婦とかなら避妊具だけの役割になるわけですが、初めて会った女性とかとセックスする時や、ソープランドなどの風俗でセックスするのには必須アイテムです。

 

性病について

ゴム(コンドーム)を付ける意味は避妊だけでなく、性病予防にもつながるわけですが、そもそも出会った当日の初回から生で中出ししていいよって(コンドームは付けなくていいよって)自ら言ってくるような女は妊娠詐欺の心配の他にも性病の心配もしたほうがよいですね。

 

何一つ性病のリスクなど考えていない、頭のゆるい女の可能性が大です。

 

性病で一番怖いのはエイズ。これだけは絶対避けないとまずいわけです。生本番系の裏風俗は絶対に利用してはいけないのと同様、出会い系サイトでの初めて会った女との生本番は絶対しない事を守り、コンドームを着用していたら、性交でのエイズは高い確率で防げます。

 

性交以外のフェラなどのオーラルセックスについては、性交よりは確率は低いものの、感染の可能性はある。HIV感染症は精液、膣分泌液、血液、母乳から感染するからです。相手がHIVに感染していて、舐める側の口内に傷があると危険が高まる。

 

実際のところ舐められる側は危険はかなり低いです。もちろん100%安全というわけではないです。唾液についてはバケツで何杯といった量で危険性が出てくるようなのでキスだけでエイズになることはまずないです。相手がHIV感染者で、自分の口内に傷があり、唾液をバケツで流し込まれると感染の可能性が出るといったところのようです。

 

営業許可のある風俗はかなり性病に関しては安心して利用できます。ファッションヘルスはシャワーがありますし、ソープランドは必ずコンドームをつけますからね。

 

ヘルスやソープの風俗嬢の女の子も一応基本的には性病検査の定期検診を受けてます。

 

一方でゴムなし生本番みたいな違法系デリヘルみたいなのって性病も怖いですし、違法な事しているので妊娠詐欺とか恐喝もあったりするので利用しないことをおすすめします。

 

エイズ以外にも淋病、梅毒、クラミジア、ヘルペスなどの性病があり、生本番しなければ後悔しないですむことは多数あるので、初回からの生本番は絶対に避けておこう。