出会い系サイトにおけるサポありや条件ありの出会い

出会い系サイトで出会う際には純粋な出会いというのが本来の出会い系サイトの利用目的です。

 

日本では買春行為は禁止されていますので、出会い系の運営会社も金銭目的での出会いは禁止していて、実際にお金を条件にする書き込みがあれば、投稿は消されますし、アカウントも停止や退会になる事があります。

 

割り切りって単語を聞くと、割り切った関係ということで、セックスフレンド(セフレ)的なものをイメージする人も多いと思いますが、実際は違って1回限りの愛人関係的なお金を要求する出会いです。

 

買春は禁止されているんですけど、じゃ~ソープやチョンの間や例の街娼はなんなの?

 

みたいな・・・。

 

法律はとても難しいわけです。

 

本音と建て前とこじつけの解釈などで・・・。

 

援助交際は18歳以下の未成年とのお金のやり取りを指すので、その延長上の出会いという事になります。

 

サポあり

条件あり

割り切り

 

全部同じです。この単語が出たら、売春婦と考えて間違いありません。これらの単語が出た時点でお金を払う出会いを考えていない場合は、そく無視リストに入れておく方がいいでしょう。会えますけど、お金を払うつもりがないのであればポイントの無駄です。

 

上記の単語がそもそも使うのを禁止されていて、書き込めなかったり、すぐ消されたりするので、隠語を使っての書き込みなどもあります。

 

 

「ホ別のいちごでどうですか?」

 

 

これも、有名な言葉なので、これすらもう書き込みは消されるとは思いますが、

 

 

「ホテル代は別で、1万5千円で売春してくれませんか?」

 

 

と訳す事ができます。向こうは買春がしたいわけですし、お金を欲しがっているので、必ず連絡先は交換できます。そして実際に会う事もできます。

 

当然ですが、会ってブスだったら断れるわけで(ま~それはお互いですけど)写メ交換せずともある程度地雷を避けてあえるわけです。

 

で、そんなことをしているわけですから、そこそこにかわいいわけです。ただ、こういった出会いはおすすめは出来ませんので、個人的には風俗をおすすめします。

 

割り切りの出会い

こういった出会いでは金銭のやり取りが発生するので、出会い系サイトはまれにニュースで取り上げられることがあります。未成年との援助交際が問題となったり、お金絡みのトラブルで事件が起こった場合にも報道されることがまれにあります。

 

男の立場で援交がどれくらい危険なものなのか、どうやってばれるのかなどの実態もありますが、ここでは割り切りについての実際起きた事件について解説します。

 

出会い系サイトは割り切りの出会いというのが存在しています。男性との関係をもつにあたって金銭を要求するといったもので、出会い系サイトでは堅く禁止されている行為ですが、容認しているサイトも存在し、需要もあるために、なかなかなくならないのです。

 

言葉を変えると個人売春なんですけど、被害者のいない犯罪行為という事で逮捕されることはまずありません。自ら個人売春したので逮捕してくださいと出頭すればどうなるかはわかりませんが、お互い合意の上の行為ですので、ニュースになる事もありません。

 

まれにニュースになっているのは個人ではなく、強制的に買春をさせたり、違法な管理売春といった悪質なものが逮捕者を出してニュースに取り上げられているのです。

 

池袋のラブホテル変死事件

出会い系カフェで知り合った男が22歳女子大生殺人容疑で逮捕されるという事件がありました。

 

男性は7万円を用意してデート費用や割り切り費用、ホテル代などに6万円弱を使い財布には1万円以上残っている状態のはずでしたが、確認すると1万円札が無くなっていたのです。そのことを警察に調べてもおうと女子大生に問いただすと、実名報道されている女子大生は

 

「そんなことしたら、無理やり連れ込まれてレイプされたって言ってやる」

 

と発言したそうです。

 

出頭に付き添った知人男性によると、容疑者の男性は知人男性に「財布にあるはずの現金がなくなり、女性とトラブルになった。気付いたら首を絞めていた」と説明したという事らしいです。

 

こういった時にテレビの報道は自費で学費を払う学生が出会い系のカフェを利用して殺害されたといった偏向報道をおこないます。故人を悪く言うのは、はばかれるというのもあるのですがマスコミは編集作業などによって、常にねつ造や偏向報道を繰り返してきました。もちろん全てのニュースや事件ではないですけどね。

 

こういった事例でもテレビメディアや新聞は、まるで出会い系カフェや出会い系サイトが悪いといった印象を与えるような報道をするのですが、実際のところは楽してお金を稼ぐために個人買春をしていた女子大学生が、強盗をしたうえに、そのことを指摘されて問い詰められると、ありもしないレイプを訴えると脅迫してそれが原因で殺害されたというオチなんですね。

 

小説「悪人」という書籍に似たようなセリフがあるようです。残念ながら人には知られていないクズのような人間はどこの世界にも存在しているのです。これは世の中に知れ渡ったほんの一例ということです。

 

 

人間関係でトラブルになる原因はお金と愛情が主な原因です。お金で割り切りの関係をもってトラブルになるような原因をあえて作るといった形での利用はやめたほうがいいでしょう。

 

割り切りといいつつ、お金なんか払ったら買春行為にあたるので終わった後にお金を払わないという強者の男性陣もいるようですが、なかなか男性、女性お互いにとってデンジャラスな行為です。

 

女相手にお金を払うのであれば風俗を使えばいいのです。トラブルに巻き込まれることもなく、マグロ状態の女を抱くといったこともないです。